特にやりたいことみつからないからお金と前向きにいきることだけを考えてみたブログ

タイトルのまんま ただただ、「お金と前向き」に焦点をあてたブログです

日本人口減少幅 43万人~このままじゃ、日本がなくなっちゃうよ~

 

f:id:dorami201:20190710230337j:plain

 

 

今日も興味深いニュースが入ってきましたね( 一一)

 

総務省が発表した2019年1月1日時点の人口動態調査によると

 

日本人の人口は1憶2477万人と前年の43万人減ったことを明かしました。

 

減少は10年連続で減少幅は1968年の調査開始以来、最大だったそうです。

 

このままじゃ、日本なくなっちゃうよ~(>_<)

 

私たちが子供の頃、日本の人口は1憶3000万にんと言われていたので、

この10年~20年くらいで500万人以上減ったことになります。

さらに、1年で43万人も減ったのならば、

今後10年もしこのまま減り続ければ、

およそ10年後には1憶2000万人になってしまう。

 

人口減少に拍車がかかってしまいますね( 一一)

 

43万人って、市が何個かなくなる人口なんですよね( 一一)

 

43万人ってあまりピンとこないんですが・・・

私が生まれた市の人口がおよそ12万人くらいなんですよね。

 

要は、私の生まれ故郷の人口の3倍~4倍以上の方が

この日本からいなくなっちゃう計算なんですよね( ゚Д゚)

 

 

そんなことが毎年、この日本で実際に起こるんですから、ほんとに

日本あぶないんじゃないかって思いますよね( 一一)

 

 

そんな中で外国人は最多!!

 

そんな中で外国人はおよそ17万人増えて、過去最多の266万人!!

外人さんが増えているようです。

これに関しては、賛否がありますが、わたしは、わるくはないとおもっています。

だって、それでも日本人1憶24377万に対して外人さん 266万人!!

 

比率でいうと、2%程度です。そこまで外人さん多くないですよね。

 

 

どうなる!!今後の日本!!

 

とあるデータによるとこのままでは2045年までに

日本の総人口が1憶500万にんくらいになると予想されてます。

 

では、このまま人口が減るとどうなるのでしょうか。

 

①地方都市が消滅する

 

地方の市や町が人口減少に耐えきれなくなり、スーパーや病院など

ライフスタイルに必要な環境がどんどんなくなっていきます。

環境が整わない地方に住む人はより減ってしまうでしょう。

そうなると、市や町の財源も確保できなくなります。

よって、地方の市や町が消滅する可能性が考えられます。

 

 

②経済が縮小する。

 

人口が減るということは、消費も減ってしまいます!!

よって経済が縮小することになりますね。

高齢化社会の到来を考えれば、今まで通り気前よく

お金を使うワケにもいかないでしょうね。

 

③巨額の財政赤字が起こる。

 

人口が減るということは、国民から得る税金も減ってしまいます。

また、経済も職掌ですから今まで通りの財源の確保ができなくなります。

国事態に巨額の財政赤字が起こります。

 

 

 

社会保障制度の崩壊

 

行きつく先は社会保障制度の崩壊ですね。

年金の問題やら生活保護の問題やら今はなんとかごまかしていますが、

さすがに、限界がきてしまいます。

 

社会保障制度の崩壊=暴動やデモが起こる!!

 

 

年金や生活保護などがもらえないとわかると

当然国民は怒り出しますよね!!

 

社会保障制度の崩壊は日本の終わりを意味します。

暴動やデモが起こるでしょうね。

 

 

 

こんな将来になりかねないですよね。

願ってもしょうがないので、貯金など

今できることを私はしっかりやっておこうと思います( `ー´)ノ