特にやりたいことみつからないからお金と前向きにいきることだけを考えてみたブログ

タイトルのまんま ただただ、「お金と前向き」に焦点をあてたブログです

「お客様は神様です( *´艸`)」はもはや死活問題!!

 

f:id:dorami201:20190717151200p:plain

 

 

おはようございます、わん吉です。

 

ちょっと前に、クレーマーについて記事にしてみたんですけど

 

www.tokuniyarukotonaikara.work

 

 

まあまあ、反響があって、今日はちょっとその続きですね('ω')

この言葉ご存知ですか??

 

お客様は神様です(#^.^#)

 

皆さん一度は聞いたことある言葉だとは思います。

私達、接客業の販売員にとっては、好きな人はいないはずです。

 

今の現在の捉えられ方ですが

お客様はどんな方でもクレーマーでも神様です。

ですので、どんな理不尽や不条理がおこってもありがたく

受け入れて対応しろ!!

 

そんなニュアンスで捉えられていますね。

 

 

そもそもの語源は??

 

そもそもどこからそんな言葉が生まれたのでしょうか??

時はさかのって、およそ50年前くらいですかね。

1961年頃に三波春夫宮尾たか志の対談の間でうまれだそうです。

 

 

どういう意図で発言したのか??

 

 

けして、無条件でお客様を持ち上げる言葉で使ったのではなく、

お客様を神様と捉えることで、芸に磨きをかけ、心の雑念を払い最高の芸を

見せることができる。

という意味で発言をしたそうですね。

 

ですので、この時点ではけして、お客様というだけで敬えということでは

捉えられてなかったはずです。

 

では、どこで間違った捉えられ方をし始めたのでしょうか??

 

じゃあ、「お客様は神様です。」はどこで間違った捉えられ方を

し始めたのでしょうか。

 

それを流行らせたのはお笑い芸人のレツゴー三匹さんだそうですね。

彼らがいなければ、販売業もちょっとは違ってたのかな・・・( ;∀;)

 

でもって、当時の日本の企業のお偉いさんたちも

まんまとそんな社訓などをつくってしまった!!

 

当時は景気もよければ、治安も今よりは全然よかったはずです。

そりゃあー「お客様は神様です。」みたいな社訓を作っても

生き残っていけたんでしょうね( 一一)

 

案の定、クレーマーを助長させる今の世の中をみんなで作ってしまったんです。

 

 

現代の日本において、「お客様は神様です」は死活問題!!

 

 

そして現代!!私たちはクレーマーがたくさんいる世の中で、

給料も人も減らされながら、なんとか、そんなクレーマーなお客様に対しても

まともに対応しているのです。

 

前にも書きましたが、

クレーマーは私たちの時間も奪い、売り上げにもならない!!

なんの生産性もない生き物です!!

 

 

私の会社も残念ながら来年なくなり、分社化となります。

www.tokuniyarukotonaikara.work

当然給料も減るし、人も減らされるでしょう。

 

もちろん、全てがクレーマーだけが原因ではありませんが、

万引きやクレーマーなどが疲弊しきってる我々や企業に

トドメを指しかねないのも現状です。

 

 

景気が悪い世の中ですが、本当に、人にあたるような方や理不尽な

クレームを起こす人。簡単な気持ちで、万引きする方等。

 

ちょっとは相手の気持ちも考えてほしい!!

自分さえよければいい!!そんな考えはやめてください。

景気は悪くなる一方ですが、せめて、心は豊かな

相手の気持ちも汲み取れる日本になってほしいものですね(#^.^#)