特にやりたいことみつからないからお金と前向きにいきることだけを考えてみたブログ

タイトルのまんま ただただ、「お金と前向き」に焦点をあてたブログです

毎日お客様の個人攻撃に怯えなきゃいけない販売業~台風の時に店を閉める店員に心ない一言!!

 

f:id:dorami201:20190830120833j:plain

 

 

おはようございます、わん吉です( *´艸`)

 

8月に大きな台風ありましたよね!!

今日はその時のお話。

www.tokuniyarukotonaikara.work

 

私はちょうど休みの日やったんで、休んでいたんですが、

嫁が出勤日でしたが、事前に15時閉店は決まっていたんです!!

 

もちろん、店内告知やネットで告知はしていたんですが、

ちょうど、店を閉める15時!!シャッターを嫁が閉めるのを見守る役を

していたそうだったんですが・・・

 

その最中、お客様がシャッターに走ってきて!!

お客様「ちょっとまって、店閉めんといて」

嫁  「ごめんなさい、15時閉店なんで」

お客様「なんでも、かんでも労働者のことばっか考えんなよ。

    イオンはあいてたで」

嫁  「・・・(イオンで買えばいいじゃん( 一一))」

お客様「今、じゃあイオンで買えばいいやんって思ったやろ( `ー´)ノ

    そんなんやからこの店はあかんねん」

といって去っていったそうな。

 

 

 

これが今の接客業・販売業の現実!!

 

残念ながらこれが今の販売業や接客業・サービス業の現実だ。

 

www.tokuniyarukotonaikara.work

 

企業も何も背負っていない

一般のお客さんが個人の名前もあかさず、

怒鳴り散らす。罵る。個人攻撃できる。

 

それをリアルタイムでできてしまう。

 

それが今の販売業・接客業・サービス業なのです!!

 

自分の意にそわない応えや回答が帰って来たら、なんなら

「お客様の声」に書けるというサービスすら未だにある。

 

私も、何度か書かれたことがある。でも、もはやそれは

悪口に等しいことが書かれていたりするし、

なんなら事実と違うことすら書かれているのだ!!

 

それに対して反論することもできなければ、手段もない。

謝る一択!!!

 

正直な。そんなことでも私たちは凄く傷つく!!

相手はそれで凄く満足なんだろう。

 

それはもはやネット批判にまともに対応しているようなもの。

今日もそんなことに怯えながら売場に立たなくてはいけないのだ。

 

若い子や、女の子なら対人恐怖症になってもおかしくない。

今後 学生の皆さんはくれぐれもこの職を選ぶべきではない!!

 

こんなお仕事を今日も頑張っております( 一一)

転職考えやんとね('ω')

 

こんな職場どう思う??

コメントお待ちしております('ω')ノ

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村