特にやりたいことみつからないからお金と前向きにいきることだけを考えてみたブログ

タイトルのまんま ただただ、「お金と前向き」に焦点をあてたブログです

主演織田裕二ドラマ「お金がない」から見た今の日本!

 

f:id:dorami201:20191017181543j:plain

 

 

おはようございます、わん吉です( *´艸`)

 

ドラマ「お金がない」みなさんこのドラマご存知ですか??

 

お金がない! DVD-BOX

新品価格
¥18,367から
(2019/10/17 18:18時点)

織田裕二主演のドラマ 1994年のドラマなんで

おそらく20代くらいの方は再放送以外ではしらないだろう。

 

私はリアルタイムで見ていたが、当時9歳である!!

親が見ていたのもあって、見ていたが、

やはり9歳にはあまり意味がわかってなかった。

 

中学校や高校くらいのときも再放送でよくやっていたんで、

何度も見てました。

 

 

ドラマ「お金がない」のあらすじ

 

主人公の萩原健太郎織田裕二)は25歳の青年。亡き親が残した借金を抱えながら

幼い二人の弟と暮らしていた。

 

ある日、健太郎が働いていた町工場が倒産!!

給料は受け取れず、借金の取り立てに押しかけられ、挙句の果てに家賃滞納で

住んでいた家に追い出されてしまう。

 

健太郎は幼なじみの美智子(財前直見)の紹介で大手外資系の会社の

メンテナンス会社に転職する!!

 

そこからあれよあれよと出世していくのだが・・・

 

(一部、ウィキペディアより)

 

とにかく、その時代を象徴している作品!!

 

とにかく時代を象徴しているような作品なんです。

 

健太郎と弟2人で焼肉を食べにいくが、お金がないが食い逃げ!!

 

健太郎と弟2人が住んでいる家がボロボロ!!

 

・借金とりの今井雅之さんと高須亘さんがすごいいい味だしながら

 健太郎フルボッコにして。

 

健太郎の職場の仲間 大沢一郎(東幹久)はハーバード大出身で

 若くして貯金が7000万(だったと思う)くらいある。

 

少なくとも今の日本にはこんな風景ほとんどみられなくなりましたね。

 

当時は「お金」はないが・・・!!

 

 まあ、とにかくいい作品なんで、見たことない人は見てほしい作品です。

私が思うに当時の人は確かに、お金もなかったと思うし、今より

生活も豊かではなかったかもしれない・・・

 

ただ、「お金」はないが「未来」はあった!!

 ただ、将来についてみたらどうだろう!!

これから頑張って上がっていくだろう。

そこには、明るい未来が見えていたのではないだろうか('ω')ノ

 

 

あれから25年!!じゃあ、今はどうだろうか??

 

「お金がない」のドラマから25年!!

今はどうだろうか??今の日本には

「豊かさ」はあるが「未来」はない!!

 

そう、これは凄い皮肉なことだ!!

1990年代 先代の日本人が頑張った結果ね。

日本の生活は豊かになったんです。

物は溢れて、情報はスマホで検索すればすぐ出てくる。

そう何一つ不便ない。

そんな豊かな生活が今の日本にはあるんです。

 

ところが、先代の日本人が頑張りすぎた結果!!

日本の幸福度がねこれ以上上がらない!!

天井にまで来てしまったのでしょう。

 

皮肉なことにこれ以上

成長する未来がなくなってしまった。

私はそう解釈しています。

 

次の世代に対する私たちの役目!!

 

1990年代は「お金」はないが「未来」はあった!!

2020年代「豊かさ」はあるが「未来」はない!!

 

さて、この先2050年くらい!!今からおよそ30年後の未来だ!!

私が生きていたら65歳くらいになっている。

 

もちろん、一線を退いているつもりなんだが・・・

私達が次の世代に何を残してあげれるのか??

 

2050年代は「  」はないが「  」はある!!

おっと、この先はみんなで一度考えてみてほしい。

私達が次の世代に今何をしてあげれるか??

すくなくとも絶望的じゃない日本になると信じて・・・

 

 コメントお待ちしております( *´艸`)

では、また、次回('ω')ノ