特にやりたいことみつからないからお金と前向きにいきることだけを考えてみたブログ

タイトルのまんま ただただ、「お金と前向き」に焦点をあてたブログです

一億総活躍プランとは死ぬまで働けという素晴らしいプランです。

 

f:id:dorami201:20191023213725j:plain

 

こんばんは、わん吉です('ω')ノ

 

今日は「一億総活躍プラン」とは結局何だったのか

考えてみようと思います('ω')ノ

 

一億総活躍プランとは??

 

2015年10月に第3次安倍内閣の目玉として掲げられたのが「一億総活躍社会」

 

内容は少子高齢化に歯止めをかけ、50年後も人口1憶人を維持する。

そして、老若男女関係なく、障害のある方も今より一歩前へ

踏み出すことができる社会をつくる。」

 

これが、安倍内閣が作った一億総活躍社会!!

 

そして、「一億総活躍国民会議」を発足し

2016年5月に「日本一億総活躍プラン」閣議決定されます。

 

「日本一億総活躍プラン」の内容は

 

①希望を生み出す強い経済

②夢をつむぐ子育て支援

③安心につながる社会保障

という3本柱を掲げました。

 

そして「一億総活躍社会」を実現するために重要視された取り組みが

そう、働き方改革です。

 

働き方改革の内容は

①非正規雇用の改善

②賃金引上げ

③時間外労働の削減

⓸転職・再就職の支援

⑤副業などの柔軟な働き方

⑥高齢者の就業拡大 

などがあげられました!!

 

ほんまにこれが全て実現できてたら本当にいい国になっていたことでしょう。

 

 

あれから3年、「一億総活躍プラン」を

実施した日本はどうなった??

 

「一億総活躍プラン」を実施してから3年が経とうとしてます。

日本は何か変わったでしょうか??

 

「まだ志半ば」という人もいるかもしれないが、3年もたって

結果が見えないならもはやそんな政策などあってないようなもの。

 

結果を見てみましょう。

 

「日本一億総活躍プラン」の内容は

 

①希望を生み出す強い経済 →増税もあり経済は冷え込む一方

②夢をつむぐ子育て支援  →出生数は下がる一方

③安心につながる社会保障 →あるのは目先の10年のジジ・ババの保証まで

            

www.tokuniyarukotonaikara.work

 

ここ3年では全く持って意味をなしてない改革ですね。はい、次('ω')ノ

 

働き方改革の内容は

 

①非正規雇用の改善    →不景気でむしろ増えている。

②賃金引上げ       →横這いか右肩下がり

③時間外労働の削減    →会社によっては改善出来てる

⓸転職・再就職の支援   →不景気で減っている印象

⑤副業などの柔軟な働き方 →副業を認めてる会社は20%程度

⑥高齢者の就業拡大    →人や場所によりけり 

 

正直 年休義務化とか休みや労働時間の削減以外はあまり効果を発揮できてない

ような気もする。(場所によってはそこも人手不足で劣悪なとこもあるしね)

 

 

一億総活躍プランとは死ぬまで働けという素晴らしいプランです。

 

結局、いいことや理想的なことばっかりいっているが、

一億総活躍プランとは、上のお偉いさんが考えた、

「自分達さえ自分たちの世代さえよければ、それでいいんだ」っていう

上流階級にとっては素晴らしいプラン!!

だということがよくわかりました。

 

次の世代がどうなろうと、知ったことじゃないってことなんですね。

これから私達世代や下の世代は70代・80代になっても働く人が増える

と思います。

 

自分達の食いぶちすら心配しないといけない。不安な世の中にね( 一一)

同じ世代の方や下の世代の人は、少しでもお金を貯めとくことを推奨するし。

人によっては経済的な理由で子供を産まないことを選択しないと幸せになれない方も

出てくるかもしれない。

 

賛否両論あるかもしれないが、

もし、子供ができたとしても低所得者で自分も子供もくるしい思いをして、

それでも生きることが楽しいのかを想像する中で、それでも平気で、

金持ちの政治家のおっさんが「お金もバンバン使って子供もバンバン産んでね」

なんて発言をするとしたらそりゃー炎上もするよ!!

 

それくらいナーバスな問題だと私は思う。

www.tokuniyarukotonaikara.work

 

これからの日本で幸せに生き抜くのはけして、容易いことじゃないけど、

それでも自分の力で生き抜いてやる( `ー´)ノ

そんな断固たる決意が私は必要だと思う。

 

 

 

こんな日本だけど、みんな頑張ろうな( `ー´)ノ