特にやりたいことみつからないからお金と前向きにいきることだけを考えてみたブログ

タイトルのまんま ただただ、「お金と前向き」に焦点をあてたブログです

うちの会社で学べたことはその会社で通用することだけ

f:id:dorami201:20191205153112j:plain

 

おはようございます、わん吉です('ω')ノ

 

私達サラリーマンは新入社員で入ってきて、一体何を会社から

得られたのでしょうか??

 

ふとそんなことを考えた次第でございます。

 

今日のテーマは

「うちの会社で学べたことはその会社で通用することだけ」

 をテーマにお話ししてこうと思います。

 

 

会社にお金をもらい、私達は時間を捧げている。

 

 まず、私達は会社に20代くらいから入って普通で言えば60代くらいまで

働くことになります。

 

その40年間をほぼ会社の為に過ごす時間が大半。

 

労働に8時間 休憩1時間 通勤 1時間 残業 1時間 会社に行く準備 1時間

まあ、休みを除いて24時間のうちの12時間を会社の為の時間を捧げているのです。

 

人生100年としてもあまりにも長い多い時間を会社に捧げて、

お金を頂き、それでみんなは生活をしているのです。

 

お金以外で会社から学べたことは??

 

お金以外で会社から何か学べたことってあるだろうか??

正直私は何も思いつかなかった。

 

単に、決められたことを来る日も来る日も

毎日ロボットのようにサラリーマンは繰り返す毎日。

 

むしろ、逆にイレギュラーなことを任される方が不安になる。

よく歯車なんて揶揄されるが本当にその通りで。

 

なんなら個性とか独創性なんて下の方には誰も求めていないのだ

そんな会社で私たちは何を学べたのか??

 

サラリーマンとしての一般常識 はたまた、電話の取り方、

仕事に取り掛かる姿勢 クレーム対応 レジ打ち 理不尽な怒られ方

 

これらが果たして別の会社で必要なことなのかどうか。

 

 

うちの会社で学べたことはその会社での一般常識。

 

結果的に、今私は13年間同じ会社で働いているが

私の働き方や考え方が通用するのって今のうちの会社だけであって

他所の会社で働いたらそれはもう通用しないことの方が多いのであろう。

 

だから、自分がしたことで会社でどんなけ評価されてても

他所の会社では逆に相手にされないこともあるということ。

 

そして、逆もしかりだ。

今ままで、自分がやったことがその会社でどんなけ評価されなかったとしても

それはあくまでその会社の評価でしかないのだ。

 

だから、サラリーマンで心折れそうになっても頑張っている奴らに言いたい。

会社の評価だけが全てではない。

あなたが正しいと思ったことを信じなさい。