特にやりたいことみつからないからお金と前向きにいきることだけを考えてみたブログ

タイトルのまんま ただただ、「お金と前向き」に焦点をあてたブログです

街中で知らない人に急に話かけられるの恐い件

 

 

おはようございます、わん吉です( *´艸`)

 

最近、街中で知らないおばちゃんに急に話しかけられたことが

あったんですが、あれってめちゃくちゃ恐くないです(;´・ω・)

 

よくよく聞いていたら、単純に質問内容は

時間を聞きたかっただけ

みたいなんやが・・・

 

思わず、わん吉 ビクッ(・_・;)ってなってしまうんですが、

これわん吉だけでしょうか??

 

ということで今回は

街中で知らない人に急に話かけられるの恐い件

をお送りします(/・ω・)/

 

 

スタッフさんとか店員さんなら大丈夫

 

 「話しかけられる」の画像検索結果

先に言っておくが、わん吉がビクッ(;´・ω・)ってなるのは

アンケート調査員のスタッフさんとか店員さんのことではない。

 

なぜなら、スタッフや店員ならスタッフジャンパーや

店員さんとわかるカッコをしてくれているからだ。

こういう人たちが話しかけてくることは想像がつくし、

さして話しかけてきても驚かない。

 

なぜなら、目的がはっきりしているし、何者かがわかる

スタッフジャンパーや従業員とわかるカッコをしているからだ。

 

 

 

恐いのは素人の見ず知らずのおっさんやおばさん

「話しかけられる...」の画像検索結果

 

わん吉が恐れているのは、

見ず知らずのおっさんやおばさんだ。

 

正直言うが、わん吉のような赤の他人に

街中でしゃべりかけてくるの辞めてほしい。

あなたが、何者かもしらないし、

ややこしいやつの可能性が考えられるからだ。

 

わん吉のような小心者はビクッ(;´・ω・)

ってなるし恐いんだよ。

 

以前もスーパーで嫁とあーやこーやとワイワイ買物してたら

全く関係ない客のおっさんが「楽しそうやなぁ(*´▽`*)」みたいな感じで

喋りかけてきたから思わず二人でガン無視してしまった。

 

え、理由??

だって、見ず知らずの風貌が気持ち悪いおっさんが

ふと俺らに喋りかけてきたらだれでも無視するだろ。

 

そもそも何も持たず、道中を歩くな!!

 

そもそもさー。道中で何かわからないにしろ。

手ぶらで歩くなよ(/・ω・)/って思う。

 

「時間がわからん」→携帯か時計持ち歩け!!

「道分からん」  →スマホ持ち歩くか駅員に聞け!!

 

わん吉が店員の立場なら応えると思うが、街中でさー知らんおっさんやおばさんが一般人のわん吉に

急に喋りかけてくること事態がやべー奴なんよな( 一一)

 

 

そもそも自分の情報不足や装備品の甘さからきた自分の過失だよな。

わざわざ人の時間奪ってまで、

話かけないで欲しいかな。

あなたが時計を持ち歩いていたら、スマホで道検索できたなら

人の時間を奪う必要もないのでは。

だから、余計に冷たい対応になってしまう。

 

そして、声のかけ方が大嫌い!!

 

「大阪おばちゃん...」の画像検索結果

 

そしてさらに言うなら、そういうおじさんとかおばさんの

声のかけ方が大嫌いだ!!

 

「ちょっと、にーちゃん」「なあ、ちょっと」

とか馴れ馴れしすぎひん。

 

こういう客がよくいるのも事実で、店員しているときでも

めちゃくちゃ不愉快だ。

 

ただ、一店員としてならまだ愛想よく神対応せざるおえんが、

自分が一般人の時は話は別だ。

そんな見ず知らずの馴れ馴れしいおっさんやおばさんが喋りかけてきたら

無視するのは当然じゃないか。

 

だって、喋りかけて来た時点で私は不愉快なんだから!!

 

 

まじで、話しかけないで!!

 

「話しかけないで」の画像検索結果

ということで、あなたが困ってようと

よっぽどのことがない限り、わん吉は立ち止まりません。

(血だらけとか事件性があるなら立ち止まるかも)

 

巻き込まれたくないし、時間もったいないし、

何よりあなたと仲良くなりたくもありませんので。

 

それに何度も言いますが、こういう簡単に「聞いた方がいい」とかいっちゃう

おっちゃんやおばちゃんは事前に調べず、スマホや時計も用意もせず

自分の準備不足が招いた結果なんです。

それを人の時間奪ってまで巻き込まないで欲しい。

 

もし、聞くなら店員さんとか駅員さん

をオススメします。

 

それでも働いている若者からしたらあなたがたの準備不足を

小馬鹿にしてしまうでしょうけど。

なぜなら、店員も駅員もあなたに

道案内することが仕事ではないですから。

あなた方を相手するほど、若者は暇ではないのです。

 

また、次回('ω')ノ