特にやりたいことみつからないからお金と前向きにいきることだけを考えてみたブログ

タイトルのまんま ただただ、「お金と前向き」に焦点をあてたブログです

お客様の電話対応って限界あるから来店して(/・ω・)/

電話対応の基本と担当者不在時のマナーや伝言方法 [ビジネスマナー ...

 

おはようございます、わん吉です('ω')ノ

 

現在販売業やっているわん吉なんですが、

ここ最近お店に対する電話対応について困っています。

 

www.tokuniyarukotonaikara.work

 

 

というのも、そもそも電話でのお客様とのやりとりって

限界あるんですよね。

 

そして、大概電話してくるのって老人なんですよ。

「こんな感じのパンツある??」とか

「こんな感じのシャツある??」とか

めちゃくちゃ抽象的で曖昧な表現されるお客様が結構多いんです。

 

これかなり困ります。

だって、あるって言ってもそもそもお客様が求めている商品か

どうかなんてわからないし。ましてや言葉で説明されても

限界があるんです。

 

お店に来て頂いて「こういう商品ないかー(;´・ω・)???」って

尋ねてこられても販売員とお客さんが想像している商品が

違う場合が多いんですよ。

 

で、ご案内しても「違うんだよな(;´・ω・)」

「もっと、ポケットがたくさんついていてさー」とか

言われるんですけど( 一一)

 

年配のお客さんだから「行ってなかったら嫌」と言う

考えはわかるんですが、

電話で抽象的に説明されても、

あなたが欲しい服かどうか

なんて正直わかりません。

 

 

コールセンターで電話受付をしている男性のイラスト | エコのモト

もっとひどいお客様なら、

「朝そこで見た商品まだある???」

 

いや、電話でわかるか(/・ω・)/

 

もう来店したほうが絶対早いし!!

そもそも来た時何故買わんかったんや(;´・ω・)

 

もし、そういった電話をされる際はより具体的に!!

ブランド名や値段 どのサイズとかちゃんと伝えてください。

 

そして、電話には限界があります。

もし、自分が思っていた商品と違っていても文句言わない様に。

 

こっちも、電話対応する人員を予備で置くほど余裕があるわけでも

ありません。つまりはそこの売場にいているお客様を放棄して

電話対応しているんです。

 

老人よ、頼むから若者の邪魔をするな。

また、次回!!