特にやりたいことみつからないからお金と前向きにいきることだけを考えてみたブログ

タイトルのまんま ただただ、「お金と前向き」に焦点をあてたブログです

小売で「無料で納期を早めてくれ」って客なんなん

納期に間に合わない時のメールでの上手な謝り方と例文 – ビズパーク

 

おはようございます、わん吉です。

 

今日はわん吉のお仕事販売業についてのお話です。

 

販売業やっていてちょいちょいいらっしゃるんですが、

 

例えばスーツのお裾直しを受けたとして

営業時間ギリギリに来て

「納期を早くしてほしい。明日成人式なんで今日の夜までに」

 

とか

 

水着のサイズがないから取り寄せしてほしい

「来週旅行にいくから、明後日までにほしい。」

 

無茶な納期を希望するお客さんが結構いるんですよね。

残念ながら営業時間ギリギリのお直しは翌日仕上がりになるし

取り寄せには1週間かかってしまうんですよね。

 

そのことをお伝えすると、そういったお客様は

機嫌を損ねる顔をするんですが・・・

 

そもそもいいたいんやが、

メーカーから大量購入するときに「納期を少しでも早めてほしい」

なんてことはあってもいいと思うんだよね。

 

お金が大きく動く話だから

そのせいで納期が遅いのを理由に断られても嫌だろうし。

 

「1億円分買うから出来る限り早く入れてね('ω')ノ」

とうちのような1点ずつお客様に販売する小売業で

 

「1万円のスーツ買うから もしくは 

 2000円の水着を買うから納期を早くしてくれ」

 

金額が金額やからね。やっぱりそんなに「うちの納期が気に食わんなら

買わんでくれていいよ」とおもってしまう。

 

 

一般のお客さんってこんな時代ですら

「買ってほしいんでしょ(/・ω・)/だったらもっとサービスしなきゃ」

って上からスタンスの人多いけど、勘違いしすぎです。

 

だって、たかが、10000円とか2000円の商品が売れても

利益しれてるんだよ(;^ω^)

 

そんなお客さんに、わざわざ間に合うか間に合わんかわからん納期を

受けたいと思わないよ。嫌ならとっとと別の店いけばいいんです。

 

 

www.tokuniyarukotonaikara.work

 

 

あ、もちろん!!うちのお店の商品を

来店の度、100万円分買う客なら相手します。

 

要は対応してほしかったらいっぱいお買物すればいいんですよね。

 

それにそんなお客様は善意でやってあげたら、必ず次回こういうんです。

「前回はやってくれた(/・ω・)/」

 

大体のお客様は納期が間に合わないと知ったら

そこで痛い目にあいますが、

「次回からは早めに用意しておこう」って思うわけなんですよ。

 

ところが、そういった客は、こちらのせいにして

学ぼうともしない!!だからまた同じようなことをする!!

 

そんなお客様は野放しにはできません。

みなさんもこんな客にはならないで!!

 

また、次回!!