特にやりたいこと見つからないからお金と前向きについて考えてみたブログ!!

心機一転タイトル戻しました!!また、よろしくお願いします!!

週休3日をお勧めしない理由

お休み」(休暇・休日・休憩・休息)を英語で表現する場面別英語表現 ...

 

こんばんわ、わん吉です('ω')ノ

 

最近なにかと週休3日制ってのが話題になってますよね。

わん吉も記事にしたこともあります。

 

 

www.tokuniyarukotonaikara.work

 

正直言います。

わん吉にとっては理想の働き方なんです('ω')ノ

 

でもね、残念ながら、今はちょっとオススメできないんですよね。

それはなぜか・・・

早速見ていきましょう!!

 

 

①早期退職が遅れる

 

まずはこちら!!そうなんです。

早期退職を目指すわん吉にとって、早期退職が遅れてしまうんですよね。

 

週休3日制はめちゃくちゃ理想ですが、給料は当然下がりますよね。

要は週休3日制って労働の先延ばしなんですよね。

 

それなら、とっとと1億貯めて、早く経済的自由を手に入れたいかな。

 

www.tokuniyarukotonaikara.work

 

 

 

 

②いつまで会社があるかわからない

 

そして、いつまで会社があるかわかりません。

 

 会社の平均寿命ご存知ですか??

平均して23年なんですよ。

 

www.tokuniyarukotonaikara.work

 

定年まで逃げ切れないかもしれないのに、週休3日とか

ちんたらしてる暇はありませんよ。

 

www.tokuniyarukotonaikara.work

 

 

 

③リーマンの税金は将来もっと上がる

 

そして、日本のサラリーマンの税金は今後もっと上がると予想されます。

コロナ税もあれば、年金制度のしわ寄せもあるでしょう。

 

少子化に歯止めがきかない日本では今後サラリーマンはさらに

重税になります。

 

つまりは稼いでも稼いでもお金もらえないんですよね。

そう考えると、早めにお金を貯めておく方がいいでしょう。

 

 

逃げ切るには週休3日はおススメしない

 

将来の日本のことを考えると先行逃げ切りが一番だと思われます。

つまりは二十歳から、コツコツお金を貯めて、株や投資信託に投資をし、

後半、リストラ・税金のリスクに備えるのが一番賢いですよ。

 

週休3日制は経済的自由を手にしたらおすすめですかね。

みんなもいち早く経済的自由を達成しましょう。

 

また、次回!!